ここ数回、車のバッテリーに関する事を紹介しています。

これは寒くなってくると、

車のバッテリーのトラブルが多くなるからです。


実際に私の86も昨年の12月に

バッテリーがあがり交換しています。




そこで寒くなる前に注意してもらおうと、

ここ数回に分けて紹介しているのです。


そして今日は車のバッテリーが上がってしまったら、

とりあえずやらなければいけないことを紹介します。

ブースターケーブルを使ってエンジンをかける

もし車のバッテリーが上がってしまったら、

まずはブースターケーブルを使って、

エンジンをかけましょう。


車のバッテリーが上がっても、

とりあえずエンジンをかけないと、

どうしようもありません。


私の86の時のように家にいる時に、

バッテリーが上がった場合は、

電話してすぐに交換でも良いのですが、

出先ではそうはいきません。


なので、まずはエンジンをかけて、

車を動くようにしましょう。


ブースターケーブルの使い方は、

下のリンクから読んでみて下さいね。

ブースターケーブルの使い方 | いざという時のために!!

車のバッテリーの寿命を確認する!

次に行うのは、

車のバッテリーの寿命を確認することです。


車のバッテリーは一度上がってしまうと、

上がりやすくなります。

そのためバッテリーの寿命を確認するのです。


バッテリーの寿命の確認方法は、

下のリンクから読む事が出来ます。

車のバッテリーの寿命を判断する3つの判断方法とは?


そしてバッテリーの寿命を確認したら、

バッテリーの寿命がきていない場合は、

車に乗る時間を長めにして、

車を走らせる事で充電する事が出来ます。


専用の充電器も売ってありますが、

これを買うのであれば、

新しくバッテリーを買った方が良いと思います。


バッテリーの寿命がきている場合は、

早めに交換するようにして下さい。


バッテリーを自分で交換する方法は、

下のリンクから読む事が出来ますよ。

車のバッテリーを自分で交換する方法


自分でバッテリーを交換した場合は、

全てリセットされますので、

それが嫌な方はお店で交換して下さい。

終わりに

寒くなってくると、

それまで当たり前に使っていた車も、

寒さの影響でバッテリーが上がったりして、

使う時に使えない可能性があります。


去年、私の86もそうでした。

出かけようとした時に、

バッテリーが上がり、

使えなかったのです。


車を使おうと思った時に使えないって、

予定を変更したりしなければいけないので、

色々と大変な目に合います。


こうならないためにも、

日頃のチェックが重要になってきます。


寒くなってくると、

車のバッテリーが1番怪しくなるので、

今の時期からバッテリーの寿命の

確認をしておきましょう。


そしてバッテリーの寿命がきている場合は、

早めに交換するようにしましょう。


何でもそうですが、

備えあれば憂いなしですよ。

スポンサードリンク





気になる86の維持費は下のリンクから読むことができます。

トヨタ86の維持費って月にどのくらい?車の維持費は?

ブログランキングに参加しています。

このブログの気になるランキングは、

下のバナーをクリックすると確認できますよ。

結構いいところにいます。

宜しければ応援お願いします。


にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村