車のサンシェードって効果あるの?

と思ったので自分で実際に使って見て

サンシェード の効果を検証して見ました。


もう気がつくと8月。

今年ももう8ヶ月が過ぎてしまいました。

8月なので最近暑い日が続きますよね。


本当に毎日

とろけてしまいそうなくらい暑いです。


こう暑い日が続くと、

車好きとして気がかりなのが

駐車場での車内温度です。


最近良く目にするのが、

サンシェードって車に効果あるの?

これを見て、

そうか〜、

使った事がないと

分からないよなと思いました。


そこで今日は私が実際にサンシェードを

使った感想を紹介したいと思います。

サンシェードって車に効果あるの?

サンシェードが車に効果あるの?

と聞かれると私の答えは『効果ある』です。


私はサンシェードを車に使っていますが、

サンシェードの効果を実感しています。


サンシェードの効果を一番感じるのは、

ハンドルやダッシュボードの温度です。


ハンドルやダッシュボードは、

サンシェードを使っていると

触る事ができます。


こう書くと、

なに当たり前の事を言ってるんだ!!

と言われそうですね。


でも、真夏の暑い日は

サンシェードがないと、

ハンドルやダッシュボードの温度は

79度にもなります。


この温度なので

当然触る事はできません。


もし触ってしまうと

火傷するリスクすらあるのです。


ハンドルやダッシュボードの温度が

ここまで上がるのは、

真夏の太陽の直射日光が原因です。


真夏のギラギラとした

太陽の光が当たる事で、

ハンドルやダッシュボードは

高温になってしまうのです。


車のフロントガラスに

サンシェードを取り付けると、

直射日光を遮ってくれます。


そのためハンドルや

ダッシュボードの温度は、

50度程度に抑える事ができます。

サンシェードは車内温度にも効果があるの?

車のサンシェードが

ハンドルやダッシュボードには

効果があるのは分かったと思います。


それではサンシェードは

車内温度にも効果があるの?

と聞かれると答えは、

短時間の駐車ならある程度の効果はある!

長時間の駐車だとあまり効果がない!

ということになります。


サンシェードは直射日光を遮るので、

ハンドルやダッシュボードには

効果があります。


でも、車内温度になると、

あまり効果はありません。


それは直射日光が入るのが、

サンシェードを取付けた、

フロントガラスからだけではないからです。


直射日光はサイドガラスや

リアガラスからも入ってきます。


そのため短時間の駐車では

効果はありますが、

長時間の駐車になると

効果はあまりありません。

長時間の駐車で最も効果的な方法とは?

それでは長時間の駐車で

最も効果的な方法とは、

どんな事なのでしょうか?

それは木陰に駐車するという事です。




直射日光が当たる場所は、

照り返し(輻射熱)があるので、

温度は50度くらいになってしまいます。


それに比べ木陰は

直射日光を遮ってくれます。


そのため温度は

30度位にしかなりません。

温度差が実に20度もあるのです。


なので長時間車を停める場合は、

木陰に駐車する事が

最も効果的な方法になります。


もちろん屋内の駐車場でも

同程度の効果があります。


屋外と違い直射日光が当たらないので、

車内温度は低くなります。


低くなると言っても

真夏の車内温度は高くなりますので、

注意は必要です。

終わりに

最近サンシェードって車に効果あるの?

というのを見かけるようになったので、

私が実際に使ってみた感想を書いてみました。


サンシェードは直射日光を遮るので、

ハンドルやダッシュボードには

効果があると思います。


車内温度に関しては

そんなに効果はないと思います。


なので車内温度を気にするのであれば、

木陰や屋内の駐車場に停める方が

効果があると思います。


サンシェードは

どうしても屋外の駐車場に

停めなければ行けない時に、

ハンドルやダッシュボードの温度を

上げない目的に使うと良いと思います。


これからまだまだ暑い日が続きますので、

長時間駐車する場合は

注意するようにしましょう。

スポンサードリンク





ブログランキングに参加しています。

このブログの気になるランキングは、

下のバナーをクリックすると確認できますよ。

結構いいところにいます。

宜しければ応援お願いします。


にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村