雨の日の夜、フロントガラスがギラギラと光って見づらかかった事って、

あなたも一度は経験した事がありませんか?

このギラギラと見づらい原因は、

フロントガラスに付いた油膜が引き起こしているのです。


フロントガラスに油膜が付く原因は、

大気中に含まれている油分の他にも、

自分の車のワックス成分がはがれ付着したりします。


そしてそれは太陽の光や熱でフロントガラスに焼き付き、

普通に洗った位では落ちなくなってしまいます。


それではフロントガラスに付いた油膜を、

落とすにはどうすれば良いのでしょうか?

それは油膜取り専用のクリーナーを使えばいいのです。


私は車の免許をとって30年になります。

その間色んな車に乗ってきて洗車もそれなりの回数こなしてきています。

そんな私が今まで使った油膜取りの中で、

一番効果があったと思うのがこれです。


img_6718

今まで使った中ではこれが一番良かったです。

そんなに力もいらずにキレイに落ちます。


使い方は簡単です。

まず、フロントガラスをカーシャンプーで良く洗います。

水でシャンプーを洗い流し、キレイにタオルで拭き上げます。


そしてこのガラスコンパウンドを付属のスポンジに取り、

少し力をいれこすっていきます。

これをフロントガラス全面にします。

しばらくすると、このように白くなってきます。


img_6719

ちょっと見づらいかもしれませんが、

このように白くなったらタオルを水で濡らし堅く絞り拭き上げます。


白いあとが残らないようにキレイに拭き上げると完了です。

でも、このままではフロントガラスには、

何もついていない状態になります。

そこで、この上にガラスコーティングを施して行きます。


ガラスコーティングをしておくと、

雨の日でも見やすくなりますので、

油膜落としをした時には必ず行うようにしましょう。


img_6720

ガラスコーティング剤をガラス面に押し付けます。

img_6721

そしてこのようにフロントガラス全面に塗って行きます。

これも乾くと白くなります。

img_6722


あとは先ほどと同様にタオルを水で洗い堅く絞り拭き上げます。

するとこのようにキレイになります。

img_6723


これで雨の日の夜のギラギラとした見づらい世界から解放されます。

それにガラスコーティングもしているので、

雨の日でも快適に運転できますよ。

雨の日の夜のギラギラでお悩みの方は、

一度試してみてはいかがでしょうか?

保険料が高くなると車両保険を諦めていませんか?

自動車保険を見直すことで今までと同じ保険料で

車両保険を入れられる可能性があります。

私は自動車保険を見直す事で車両保険に加入しました。

自動車保険を見直したら今までと同じ保険料で車両保険が!


スポンサードリンク





ブログランキングに参加しています。

このブログの気になるランキングは、

下のバナーをクリックすると確認できますよ。

結構いいところにいます。

宜しければ応援お願いします。


にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村