86を買った半年後に

86の洗車に使おうと思い、

ケルヒャーの高圧洗浄機を購入しました。


買った当初は3回に1回くらいのペースで、

ケルヒャーの高圧洗浄機を使っていました。


でも、それがいつの頃か

3回に1回が5回に1回になり、

そしてだんだんと使わなくなりました。


ケルヒャーの高圧洗浄機を

使わなくなった大きな理由が、

出すのと片付けるのが面倒な事です。


ケルヒャーの高圧洗浄機を使う時には、

まず入り側のホースに

蛇口ジョイントをつけます。


そしてケルヒャーの高圧洗浄機につなぎ、

今度はトリガーガンのホースを繋ぎます。


そして巻いてある電源コードを伸ばし

電源にさして

ようやく使えるようになります。


片付ける時はホース内の水抜きをして、

ホースを巻かなければいけないので、

結構時間がかかります。


86は短いスパンで洗車するので、

高圧洗浄機を使う必要性は

そんなにありません。


86には頻繁に乗らないので

そんなに汚れないですしね。


出すのと片付けるのが面倒で、

高圧洗浄機の必要性もあまりないので、

だんだんと使わなくなりました。


そしてケルヒャーの高圧洗浄機は、

4〜5年ほど倉庫で眠っていました。


昨日は梅雨の中休みで雨がやんだので、

外に出てみるとコンクリートの塀などが、

コケで覆われていました。


こんな感じでかなりコケに覆われています。


見た目が悪いので

どうにかする必要があります。


コケを削り取るのも大変なので、

ここは倉庫で眠っている

ケルヒャーの高圧洗浄機を

使うことにします。


ただ、心配なところが

倉庫内で4〜5年眠っていることです。


その間ケルヒャーの高圧洗浄機は

一度も使っていないので、

使えるのかどうか分かりません。


倉庫からケルヒャーの高圧洗浄機を

引っ張り出してみると、

ホコリなどでドロッドロに汚れていました。


とりあえず綺麗に掃除して、

ホースなどを接続してみます。


そして蛇口から水を出してみると、

接続ジョイントが水圧に耐えきれず、

ズッボという音とともに外れました。


履いていた短パンは

グッショリとなってしまいました。


それから接続ジョイントを交換し、

もう一度蛇口から水を出してみると、

今度は外れません。


そして電源を入れ

トリガーガンを使ってみると、

勢いよく水が出てきます。


家の前の汚れた坂道のコンクリートを

ケルヒャーの高圧洗浄機で洗ってみると、


汚れが綺麗に落ちます。


さすがケルヒャーの高圧洗浄機、

4〜5年放ったらかしにしていても、

ちゃんと使えました。


高圧洗浄機を使った後は、

水浸しになるので、

小雨が降っている時にでも、

使ってみようと思います。


ケルヒャーの高圧洗浄が

使えたのでホッとしました。

保険料が高くなると車両保険を諦めていませんか?

自動車保険を見直すことで今までと同じ保険料で

車両保険を入れられる可能性があります。

私は自動車保険を見直す事で車両保険に加入しました。

自動車保険を見直したら今までと同じ保険料で車両保険が!


スポンサードリンク





ブログランキングに参加しています。

このブログの気になるランキングは、

下のバナーをクリックすると確認できますよ。

結構いいところにいます。

宜しければ応援お願いします。


にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村