車のカタログに記載されている燃費表示が、

実際に走行しているときの燃費に近くなるようです。

これは国土交通省などが義務化を決定したためです。


新しい燃費表示は市街地、郊外、高速道路を走行したことを、

想定した数値とその平均値の4種類の表示に変わります。

これは2018年の10月以降の新車のカタログから義務づけられます。


燃費ってやはり気になりますよね。

このブログへも86、燃費で検索されて多くの方が訪問されています。




今までのカタログに書かれている燃費って、

実際のところあてになりませんよね。

それにこの前は偽造もありましたしね。


カタログで燃費のところを見て、

お、以外と燃費がいいじゃんと思って買ってみたら、

かなり悪かったってこともあります。


私が以前乗っていたJZX100がそうでした。

ツアラーSだったのですが、

カタログでは10.4になっていました。


でも、実際にはリッター8しか行きません。

悪いときは7というときもありました。

カタログに書かれている燃費ってやっぱりあてになりませんね。


私が今乗っている86はと言うと、

カタログでは12.4になっていますが、

私が4年弱86に乗ってきて、

86の燃費はだいたいリッター10あたりが一番多いですね。


ならしをしていた頃は確かにリッター12いったことがあります。

それに高速道路を使って遠乗りしたら12はいきます。

でも、近場をちょろちょろと乗った時は、

リッター8でしたからね。

カタログの値とは大きくかけ離れています。


カタログだけを見ると12.4なので、

かなり燃費が良いと思われます。


まあ、確かに昔の車に比べると燃費は良くなっていると思います。

実際に私の86は10は行きますからね。

でも、カタログの値とは違います。


新しい燃費表示が採用されると、

こういう事が減りより実際に近くなるので、

車選びの時に便利になります。


燃費はやはり車を買う時の目安になりますからね。

12行くと思って買った車が実際は10だったら、

ちょっと変だなと思ってしまいます。


最近のカタログの燃費は昔とは違って、

だいぶ実走行に近くなっていますが、

それでも開きはあります。


これが導入されればカタログ値と、

実際に走行した時の数値がが近くなるので、

消費者としては良いですよね。

やはりこういう表示は正確でないといけないですね。

スポンサードリンク





86を実際に買うとどのくらいの維持費がかかるの?

と思ったことないですか?

気になる86の維持費は下のリンクから読むことができます。

トヨタ86の維持費って月にどのくらい?車の維持費は?


ブログランキングに参加しています。

このブログの気になるランキングは、

下のバナーをクリックすると確認できますよ。

結構いいところにいます。

宜しければ応援お願いします。


にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村