最近ポケモンgoでたまごを孵化させていると、

あれ〜っと思う事がありました。

それは今まで生まれていた

たまごと違うたまごから生まれる事です。


以前は10kmたまごから生まれていたのに、

最近は5kmたまごから生まれたり、

逆の5kmたまごから生まれていたポケモンが、

10kmたまごから生まれたりと、

以前とちょっと変わって来ています。


そこで今日は私が実際に体験した、

5kmたまごから10kmたまごへ変わったポケモンと、

10kmたまごから5kmたまごに変わったポケモンを

紹介したいと思います。

5kmたまごから10kmたまごに変わったポケモンは?

まずは5kmたまごから10kmたまごに変わったポケモンです。

最近10kmたまごに変わったポケモンは、

ポリゴンです。

これは最近10kmたまごから生まれました。


5kmたまごから10kmたまごに変わって

生まれたポケモンは、

今のところ私はポリゴンだけです。

10kmたまごから5kmたまごに変わったポケモンは?

今度はさっきとは逆で、

今まで10kmたまごから生まれていたポケモンが、

5kmたまごに変わったポケモンです。


これは5kmたまごだったので、

生まれる瞬間のスクリーンショットはありません。


5kmたまごは一杯あるので、

その都度撮るのは面倒なので撮っていませんでした。


そして5kmたまごから生まれて、

え〜、何で?

と思って後からスクリーンショットを撮りました。


それがこれ。




グライガーとクヌギダマです。


以前は10kmたまごから生まれていました。

そして期待していた10kmたまごから、

グライガーやクヌギダマが生まれたときは、

ガッカリしたものです。


でも、最近は5kmたまごから生まれるようです。

というか、

私は実際に5kmたまごから生まれました。


これで10kmたまごのハズレが減りましたね。

良かった!

良かった!


でも、10kmたまごにはまだアイツがいます。

アイツとはそうウソッキーです。


コイツはまだ私は確認出来ていないので、

何とも言えませんが、

ウソッキーも5kmたまごに変わっていると良いですね。


10km歩いてグライガーやウソッキーでは、

やる気もなくなりますからね。

5kmたまごと10kmたまごから生まれたポケモンの違いは?

それでは5kmたまごから生まれたポケモンと、

10kmたまごから生まれたポケモンの違いは何かと言うと、


ポリゴンで比べてみるとこんな感じ。

これが10kmたまごから生まれたポリゴン。


そしてこれが5kmたまごから生まれたポリゴン。

CPには大差がないようです。

重さや大きさは個体差があるので何とも言えません。


他のグライガーやクヌギダマを見てみると、










上の画像が10kmたまごから生まれた時、

下の画像が5kmたまごから生まれた時です。

あまり大差はないようですね。


そして一番の違いが、

ほしのすなとアメの量です。


10kmたまごから生まれたときは、

ほしのすなは3200程度、

そしてアメは32個手に入れています。


これが5kmたまごになると、

ほしのすなが1300程度、

アメが10個〜17個になっています。


ほしのすな、アメともに

10kmたまごから生まれた方が多いようです。

終わりに

先日5kmたまご孵化させていると、

グライガーとクヌギダマが生まれました。

あれ〜、コイツら今までは

10kmたまごから生まれていたけどなと思いました。


そう言えばポリゴンも5kmたまごから

10kmたまごに変わっていましたしね。

しれっとアップデートが行われたようです。


グライガーとクヌギダマが

5kmたまごになったのは良かったですね。


後はウソッキーが変わっていると、

10kmたまごのハズレがなくなりますね。


10km歩いてこれだとガッカリですからね。

こういう修正は大歓迎ですね。

スポンサードリンク





ブログランキングに参加しています。

応援していただけるとブログ更新の励みになります。

応援宜しくお願いいたします。




にほんブログ村 ゲームブログ ポケモンGO・ポケモン(ゲーム)へ
にほんブログ村