ポケモンGOはポケモンを増やす方法として、

野生のポケモンを捕獲する他に、

タマゴを孵化させ増やすという方法があります。


タマゴには2km、5km、10kmの3種類があり、

それぞれ歩いた距離に応じて孵化するようになっています。

当然歩く距離の長いタマゴほど、

良いポケモンが生まれやすくなっています。


これは確率の問題なので、

もしかしたら2kmからもレアなポケモンが生まれる可能性はあります。

私は今のところ2kmからは良いポケモンは生まれていません。

スバットやコラッタ、キャタピーと、

それ相応のポケモンしか生まれません。


やはりそんな甘い考えは捨てて、

10kmや最低でも5kmタマゴを孵化させた方が良いでしょう。


今日は先日10kmタマゴを連続で孵化させたので、

その様子をご紹介します。


10kmタマゴを孵化させるためには、

10km歩く必要があります。

厳密にいうと車でも走行スピードが遅い場合は加算されます。


良く聞くのが10km/h以下だと加算されるという事です。

でも、場所によってはそれ以上でも加算されているような気がします。


なので、車で移動中でもポケモンGOを起動しておくと、

距離が加算される可能性があります。

でも、走行中はプレイしちゃダメですよ。

危ないですからね。


そしてなんとか10kmをクリアして、

生まれてきたのがこれでした。

img_6044-1

カビゴンでした。


最初の10kmタマゴでカビゴンだったので、

これに気を良くして次の10kmタマゴも孵化させてみました。


すると次に生まれたものは、

img_6114

イワークです。


やはり10kmタマゴからは良いポケモンが出て来るようです。

その後、なかなか10kmタマゴが手に入らなかったので、

5kmタマゴを孵化させてみると、これでした。

img_6115


5kmでコイル。

う〜ん、なかなか微妙なところですね。


まあ、ポッポやコラッタよりも良いですけどね。

それにコイルは持っていなかったので良しとしましょう。

今日は10kmタマゴを孵化させてみた様子でした。

スポンサードリンク


ブログランキングに参加しています。

応援していただけるとブログ更新の励みになります。

応援宜しくお願いいたします。




にほんブログ村 ゲームブログ ポケモンGO・ポケモン(ゲーム)へ
にほんブログ村