先日100均に行った時に、

セーム革に似た

ふきあげクロスという商品を見つけました。


洗車をする時に

セーム革はふきあげに使います。


セーム革は吸水性もいいので、

洗車には欠かせません。


100均で見つけた

セーム革に似たふきあげクロスは、

どのくらいの吸水性があるのでしょうか?

実際に買ってみて使ってみました。

100均の洗車道具のふきあげクロスは使える?

100均の洗車道具のふきあげクロスは、

使えるといえば使える、

使えないといえば使えないという

ちょっと微妙な感じでした。


その理由は吸水性はありますが、

どんなに固く絞って拭いても、

水分の拭き残しがあります。


この拭き残しをどこまで許容するかで、

使えるか使えないかの判断になります。


値段は100円なので

コスパはかなりいいです。

100均のふきあげクロスの吸水性は?

100均のふきあげクロスの、

吸水性を試すために、

洗車した車のボディを拭いてみます。


このくらいの水滴を

100均のふきあげクロスで拭いてみます。


すると、

このように拭きあげることができました。


100均のふきあげクロスは

かなりの量の水分を吸収します。

でも、水分を完全に拭き取ることはできませんでした。

100均のふきあげクロスは拭き残しが出る!

100均のふきあげクロスを

固く絞り拭き残し部分をふきあげます。


でも、このように

どんなに固く絞って拭いても、

拭き残しができてしまいます。


何度も固く絞って拭いてみましたが、

かなりの水分が残ってしまいました。

100均のふきあげクロスは用途によっては有り!

100均のふきあげクロスは、

ある程度の吸水性はありますが、

水気を切ることはできませんでした。

でも用途によっては有りだと思います。


私は濡れたままワックスを使っています。




でも、このように、

がっつり濡れたまま使うことはありません。


吸水タオルである程度の水分を拭き取り、

濡れたままワックスを使っています。


濡れたままワックスなので、

完全に水気を拭き取らなくても使えます。


なので、100均のふきあげクロスは、

この濡れたままワックスを使う前の

ふきあげには使えると思います。


でも、やはりアマゾンなどで

売ってあるものの方が

吸水性は断然良いです。



終わりに

今日は先日100均で見つけた

ふきあげクロスを

使ってみた様子を紹介しました。


100均のふきあげクロスは、

吸水性はありますが、

拭き残しの水分がかなりあります。


値段は100円とコスパは断然良いので、

完全に水気を切らなくても良いような

場面で使うと良いと思います。

スポンサードリンク





気になる86の維持費は下のリンクから読むことができます。

トヨタ86の維持費って月にどのくらい?車の維持費は?

ブログランキングに参加しています。

このブログの気になるランキングは、

下のバナーをクリックすると確認できますよ。

結構いいところにいます。

宜しければ応援お願いします。


にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村