カロッツェリアの楽ナビの

タッチパネルのズレの直した方を紹介します。


オーリスのカーナビは

以前長男に買ってもらった

カロッツェリアの楽ナビを使っています。


最初の頃は問題ありませんでしたが、

最近はタッチパネルのボタンが

ズレてきました。


ボタンの位置が指1個分

ズレてしまっているのです。

楽ナビのタッチパネルのズレの直し方

楽ナビのタッチパネルのズレの直し方は、

1、楽ナビのAVボタンを2秒以上長押しする。

2、画質調整の画面に切り替わる。

3、再度AVボタンを2秒以上長押しする。

4、修正画面が表示される(16点)。

5、16点をタッチしてタッチパネルのズレを直す。


上の作業をすることで、

楽ナビのタッチパネルのズレを

直す事ができます。

オーリスの楽ナビのタッチパネルがズレている!

オーリスの楽ナビは、

このようにタッチパネルがズレています。


ボタンの下を押したのに

上のボタンが反応しています。


オーリスの楽ナビのタッチパネルは、

下にズレていました。


上のボタンは下を押せば

反応しますが、

下にあるボタンは全く使えない状態です。


このままだとナビも使えないので、

タッチパネルのズレを

直すことにしました。

オーリスの楽ナビのタッチパネルのズレを直してみた!

それでは実際にオーリスの楽ナビの

タッチパネルのズレを直していきます。


まずは楽ナビのAVボタンを

2秒以上長押しします。


すると、

画質調整の画面になります。


ここで再度AVボタンを

2秒以上長押しします。


修正画面が表示されます。


赤で囲った部分の中心を

指でタッチし

タッチパネルのズレを直します。


赤で囲った部分は1回押すと

場所が移動していきます。

これを16回繰り返します。








最後の16個目を押すと、

下の画面が表示されます。


画面の指示通り

タッチパネルの中心をタッチします。


すると画面が切り替わり、

AVボタンを2秒以上長押しすると、

タッチパネルのズレの修正は完了です。


それでは実際に楽ナビの

タッチパネルのズレが直ったのか

確認してみましょう。


修正する前に反応していた部分を

タッチしてみると、


このようにボタンは反応しません。


オーリスの楽ナビのタッチパネルのズレは

解消されました。


これでストレスなく

楽ナビを使う事ができます。

終わりに

今日はオーリスの楽ナビの

タッチパネルのズレを

直した方法を紹介しました。


オーリスの楽ナビは

いつの頃からか

タッチパネルがズレていました。

最近では指1本分ズレていました。


この影響でナビで行き先を入力しようとすると、

下1段のボタンが全く使えませんでした。


ナビが使えなくなっていたので、

重い腰を上げて直してみました。


実際にタッチパネルのズレを直してみると、

すごく快適に操作する事ができます。


それに楽ナビの

タッチパネルのズレの修正作業は、

1分程度で終わります。


タッチパネルの修正は

面倒だろうと先延ばしにしていました。


でも、実際にやってみると、

すぐに終わり

操作も快適なので

早くすれば良かったと後悔しました。


楽ナビのタッチパネルがズレている方は、

簡単に直るので

早くやったほうが良いですよ。

スポンサードリンク





86を実際に買うとどのくらいの維持費がかかるの?

と思ったことないですか?

気になる86の維持費は下のリンクから読むことができます。

トヨタ86の維持費って月にどのくらい?車の維持費は?


ブログランキングに参加しています。

このブログの気になるランキングは、

下のバナーをクリックすると確認できますよ。

結構いいところにいます。

宜しければ応援お願いします。


にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村