最近、キープログラマーを悪用した

車の盗難が増えています。


つい先日もプリウスが大量に

盗まれています。


そこで今日は車の盗難に使われた

キープログラマーとはどんなものなのか?

そしてどのようにして車を盗むのか?

車の盗難の手口と対策を紹介します。


キープログラマーとはどんなものなの?

キープログラマーとは、

このようなもので、

本来の使い方はスマートキーを失くした時や、

追加でスマートキーを作る時に使います。


キープログラマーは違法ではないので、

このようにAmazonなどで

普通に売ってあります。


犯人はこのキープログラマーの機能を悪用し、

車の窃盗に使っているのです。

どのようにして車を盗むのか?盗難の手口は?

昔の車の盗難は窓ガラスの隙間から、

L型の差し金を差し込み、

ドアのロックを解除し、

セルモーターの配線を直結して

エンジンをかけて盗むというものでした。


でも、最近の車はこのような事は出来ません。

そこでキープログラマーを使うのですが、

車のドアロックを解除して、

車内に入る必要があります。


そこでこのように、

工具などを使ってドアをこじ開けます。


そして車内に侵入し、

用意しておいたキープログラマーを使って、

新たにスマートキーを登録し、

エンジンをかけて盗み出すのです。


車の盗難は、

ドアロックを何らかの方法で解除、

そしてキープログラマーを使って

スマートキーを新たに登録。

そのスマートキーを使って、

エンジンをかけ盗難するという手口です。

スマートキーの仕組みを利用したドアロックの解除法もある!?

今回のプリウスの盗難では、

工具を使ってドアをこじ開けています。


でも、スマートキーの仕組みを使って、

ドアロックを解除する方法もあるのです。


スマートキーからは電波が出ています。

スマートキーからの電波を

車に搭載した受信機が受信し、

ドアロックの開閉をしたり、

エンジンをかけたりします。


このスマートキーの仕組みを悪用して、

ドアロックを解除する方法があるのです。


スマートキーからは先ほども書いたように、

電波がでています。


通常は車の側にスマートキーがなければ、

ドアのロックは解除出来ません。


そこでスマートキーの電波を

増幅する機器を使い、

スマートキーからの電波を強くして、

車の側にスマートキーがあると誤認させます。


すると私たちが普通に

ドアロックを解除するように、

犯人もドアロックを解除する事ができるのです。


そしてキープログラマーを悪用し、

先ほど書いた手口で車を盗むのです。


こういう事をされると、

スマートキーでも安心出来ませんね。


それではキープログラマーを悪用した、

車の盗難対策には

どのようなものがあるのでしょうか?

キープログラマーを悪用した車の盗難対策は?

キープログラマーは車内に入って、

車のコンピューターに繫いで使います。


と言う事は犯人を

車内に入れなければ良いと言う事になります。


犯人を車内に入れないようにするためには、

車のセキュリティーを上げれば良いのです。


車のセキュリティーを上げる方法は、

後付けで警報器を取付けるのが、

1番簡単で効果があると思います。


現に今回のプリウスを盗んだ犯人は、

警報器がある車は避けたと供述しています。


なぜ犯人は後付けの警報器を

嫌がるのかというと

それは時間がかかるからです。


犯人が嫌うのは時間がかかる事です。

時間がかかると

それだけ見つかるリスクも上がります。


なので犯人は短時間で

済ませようとするのです。


犯人の供述からも分かる通り、

警報器を取付ける事は、

車の盗難対策になるということです。


警報器はAmazonなどにも売ってあります。

そんなに高いものではないので、

車の盗難が心配な方は

取付けた方が良いかもしれませんね。

それでも車内に入られてしまった場合の対策法は?

カーセキュリティーを強化するために、

警報器を設置しても、

電子機器なので解除される可能性はあります。


警報器を設置していても、

車内に犯人が入る可能性はあるのです。


そんな時の対策にうってつけなのがコレ。

タイヤロック。


タイヤをロックしておくと、

例え車内に入られキープログラマーで

新たなスマートキーを作られて、

エンジンをかけられても大丈夫です。


エンジンがかかっても

タイヤをロックしておくと、

車は動きません。


タイヤロックの他にも

ハンドルロックも

同じ効果が期待できます。


やはり最終的に有効なのは

昔ながらのアナログ的な方法かもしれませんね。

終わりに

今日はキープログラマーを悪用した、

車の盗難の手口と対策を紹介しました。


キープログラマーを悪用した、

車の盗難はここ最近増えているようです。

先日もプリウスが大量に盗まれています。


日本でも安心できない時代になってきました。

こういう時代だからこそ、

自分の身は自分で守るような、

自衛策を考えなければいけません。


日本も段々と世知辛い

世の中になってきましたね。

スポンサードリンク





ブログランキングに参加しています。

このブログの気になるランキングは、

下のバナーをクリックすると確認できますよ。

結構いいところにいます。

宜しければ応援お願いします。


にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村