寒くなってくると、

車ではバッテリーが心配になってきます。

私の86も昨年の12月にバッテリーを交換しています。


車のバッテリーは自分で交換する事もできます。

この場合は安くつくというメリットがありますが、

全てがリセットされるというデメリットもあります。


最近の車は学習機能が付いているので、

これがリセットされると、

乗っていて違和感があります。


まあ、しばらく乗っていると、

元に戻りますけどね。


これが嫌っていう方や、

バッテリーの交換が面倒だという方は、

お店に頼むと良いと思いますね。


自分で車のバッテリーを交換する方法は、

下のリンクから読む事が出来ますよ。

車のバッテリーを自分で交換する方法


最近、車のバッテリー関係の記事を書いているのは、

これから寒くなってくると、

車のバッテリーのトラブルが増えるからです。


そこで今日は車のバッテリーの寿命を判断する

3つの判断方法を紹介します。

1、エンジンのかかりが悪くなる

車のバッテリーの寿命が近くなってくると、

エンジンをかける時に、

おや〜

と気がつく事が多くなります。


どういう事かと言うと、

それまではエンジンをかける時に、

セルを回すと、

キュルルル〜と勢い良く回って、

すぐにエンジンがかかっていました。


でも、バッテリーの寿命が近づいてくると、

バッテリーの電圧が落ちているので、

セルを回す力が弱くなります。


そのため、セルを回しても、

ウ〜ン、ウ〜ン、ウ〜ンとセルを回す力が弱くなり、

そのうちセルも回らなくなります。


ちなみに私の86は、

去年の12月にこうなってしまい、

バッテリーを交換しました。

2、バッテリー液の減りが早い

バッテリーの寿命が近くなってくると、

バッテリー液の減りが早くなります。


あれ〜、この前補充したのに、

もう減ってるぞ!

という場合は、

バッテリーの寿命を疑った方が良いでしょう。


最近のバッテリーはバッテリー液を補充しない、

メンテナンスフリーのものもあります。


その場合は、インジケーターが付いているので、

そちらで確認するようにして下さい。

3、ヘッドライトの明るさが変わる

車のバッテリーの寿命が近づいてくると、

エンジンの回転数により、

車のヘッドライトの明るさが変わってきます。


この他にも

パワーウインドウの動作がぎこちなくなったり、

室内灯が暗くなったりする場合があります。


こういう症状が出てきたら、

バッテリーの寿命を疑うようにしましょう。

終わりに

車のバッテリーは、

通常2〜3年経つと寿命だと言われています。


車のバッテリーの寿命は、

先ほど書いた3つの方法で判断します。


これらのうち一つでも当てはまる場合は、

車のバッテリーの寿命を疑った方がいいでしょう。


これから寒くなってくると、

車のバッテリーは、

一気に弱ってくる可能性がありますので、

少しでもおかしいなと感じたら、

今日紹介した判断方法を使って、

車のバッテリーの寿命を判断してみて下さいね。


車のバッテリーが寿命の場合は、

寒くなる前に交換することをお勧めします。

スポンサードリンク





86を実際に買うとどのくらいの維持費がかかるの?

と思ったことないですか?

気になる86の維持費は下のリンクから読むことができます。

トヨタ86の維持費って月にどのくらい?車の維持費は?


ブログランキングに参加しています。

このブログの気になるランキングは、

下のバナーをクリックすると確認できますよ。

結構いいところにいます。

宜しければ応援お願いします。


にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村