10月も残すところあと少しになりましたね。

これから段々と寒い日が増えてきます。


寒くなってくると、

車にとってもあまり良くはありません。


冬場は特にバッテリーに注意する必要があります。

そこで今日はバッテリーを

自分で交換する方法を紹介します。

車のバッテリーを交換する前に確認すること

まずはバッテリーを交換する前に次の事を確認します。

  • エンジンがかかっていないか?
  • ドアが開いていないか?
  • ナビなどの電源が入っていないか?
  • ドアロックは解除されているか?


  • ディーラーなどではエンジンをかけたまま

    バッテリーを交換するようですが、

    自分で交換する場合は危ないので

    エンジンは切っておきましょう。


    ドアが開いていたり、

    ナビなどの電源が入っていると、

    危ないのでこれも確認します。


    ドアをロックしたままバッテリーを交換すると、

    カーセキュリティーが働きますので、

    バッテリーを交換する場合は、

    ドアのロックは解除しておきます。

    車のバッテリーを交換する方法

    準備するもの

  • 交換するバッテリー
  • 手袋
  • 工具(スパナ)


  • 車のバッテリーを交換する場合は、

    素手で交換すると危ないので、

    必ず手袋をして交換するようにしましょう。


    まずはバッテリーのマイナス側の端子を外します。

    手袋をつけ工具を使って外していきます。


    マイナス側の端子を外したら、

    次はプラス側の端子を外します。

    端子をエンジンやボディーなどに

    接触させないように充分注意して下さい。


    マイナス側、プラス側の端子を外したら、

    次はバッテリーを固定している金具を外します。


    金具を外したら、

    バッテリーを取り外します。




    バッテリーの取り付けは、

    先ほどと逆の手順で行います。


    新しいバッテリーを台座に置きます。

    そして固定用の金具で、

    新しいバッテリーを固定します。


    必ずバッテリーが

    しっかり固定出来ているか確認して下さい。

    バッテリーのプラス側に端子を取付け、

    工具で固定します。


    次にマイナス側に端子を取り付け、

    工具で固定します。

    これでバッテリーの交換は完了です。


    バッテリーの交換は、

    −++−と覚えておくようにしましょう。

    バッテリー交換後にする事

    バッテリーを交換すると、

    全てがリセットされますので、

    時計の時刻合わせや機種によっては、

    ナビの設定も必要になります。


    最近の車は学習機能が付いているので、

    バッテリーを交換したら

    車の学習機能もリセットされます。


    バッテリーを交換してすぐは、

    違和感がありますがしばらくすると元に戻ります。

    終わりに

    これから寒くなるとバッテリー上がりが増えてきます。

    私の86も去年の12月にバッテリーを交換しています。


    バッテリーが上がったら、

    充電でも大丈夫ですが、

    バッテリーが寿命だったら、

    交換する必要があります。


    そこで今日は車のバッテリーを

    自分で交換する方法を紹介しました。


    車のバッテリーを交換する場合は、

    参考にしてみて下さいね。

    スポンサードリンク





    86を実際に買うとどのくらいの維持費がかかるの?

    と思ったことないですか?

    気になる86の維持費は下のリンクから読むことができます。

    トヨタ86の維持費って月にどのくらい?車の維持費は?


    ブログランキングに参加しています。

    このブログの気になるランキングは、

    下のバナーをクリックすると確認できますよ。

    結構いいところにいます。

    宜しければ応援お願いします。


    にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
    にほんブログ村