今朝、新聞を読んでいると、

HVとEVに接近音を義務化という記事が目に入りました。

接近音とは車両接近通報装置のことです。


2018年3月以降に発売される、

HVとEVの新型車には義務づけられます。


img_4078-1

どうやら視覚障害者やお年寄りに配慮したようです。

まあ、確かにHVとEVは静かですからね。

特にEVはほとんど音がしません。


私も以前、繁華街を歩いていて、

プリウスがいきなり後ろにいたときはビックリしましたね。

まあ、プリウスを運転していた方は、

いきなりじゃなかったでしょうけど。

歩行者の側になるとこんな感覚を持ちます。


私がビックリしたのですから、

これがお年寄りや視覚障害者の方は、

まだ驚かれるでしょう。

やはりHVとEVには車両接近通報装置は必要でしょうね。


でも、乗っている人にしてみれば、

音が静かな事がうりだったのが、

車両接近通報装置が義務化されると、

普通の車と変わらんじゃんってなりますよね。

でも、安全を考えると仕方ない事かなと思います。


今発売されているHVやEVにも通報音はついています。

今発売されている車は、

この通報音をOFFにできます。


でも、義務化されれば、このOFFの機能は禁止されます。

まあ、確かにOFFにできたら意味がないですよね。

そして今の通報音はメーカーごとに、

音質や音量が異なります。


これが新基準になると速度ごとに

音量・音質も細かに規定されます。

ちなみに時速10km/hだと50デシベル。

20km/hで56デシベル。

そして速度が上がってくると音質を高くすることになります。


これは音で車の速度の違いを出すためのものです。

こうすると今よりも分かりやすくなりますもんね。


先日、以前の会社の部下だった女の子が遊びに来たときも、

全く気がつきませんでした。

その女の子が乗っている車はアクアです。


いきなりピンポンってなったので、

誰だろうとでてみるとアクアで来ていたのです。

確かにHVの音は静かすぎますよね。


それにいきなり後ろに来られたらビックリしますしね。

やはりこういう装置は安全のためには

必要なものなのでしょうね。

スポンサードリンク





気になる86の維持費は下のリンクから読むことができます。

トヨタ86の維持費って月にどのくらい?車の維持費は?

ブログランキングに参加しています。

このブログの気になるランキングは、

下のバナーをクリックすると確認できますよ。

結構いいところにいます。

宜しければ応援お願いします。


にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村