最近というか3〜4ヶ月に1回の割合でテレビにも取り上げられている、

車の盗難事件があります。

私が最初にこのニュースを見たのが、

去年の5月です。


その盗難の手口はキープログラマーという機械を使うのです。

キープログラマーとは、元々はメンテナンス用に開発されたものです。

最近の車のキーってスマートキーになっているじゃないですか?

このスマートキーを紛失した時に、

キープログラマーを使って新たな鍵を作るのです。

そしてこのキープログラマーが悪用され盗難に使われているのです。


img_3352-1


一昔前だったら、車の盗難と言えば、

Lサシを窓の隙間から差し込み鍵を引き上げ、

そして室内に入り直結というアナログな方法でしたが、

最近はハイテクになってきています。


最近の車にはほとんど搭載されているイモビライザー。

このキープログラマーを使った盗難が始まる前は、

このイモビライザーを悪用した盗難もあっていたのです。


イモビカッターという機械を使って、

ロムを書き換える方法です。

自動車メーカー各社はこの方法の対策を施しました。


すると窃盗団は違う方法として、

このキープログラマーを使い始めたのです。

キープログラマーはアマゾンや楽天でも普通に売っています。

これを悪用しているんですね。


キープログラマーはイモビカッターの手口とは違うので、

以前の対策では防ぐ事はできません。

なんでもそうですが、こういうのはいたちごっこが続きます。


でも、確実に行える盗難防止があります。

それはこういうものを使う方法です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハンドルロック(ダイヤルキー) SVR-221
価格:8094円(税込、送料無料) (2016/10/5時点)

盗難者は時間のかかる事を嫌います。

時間がかかるとそれだけ見つかるリスクが高くなるからです。

なので、盗難するときは短時間で盗めるものを狙うのです。


こういうものを付けていれば、

盗難者も時間がかかるのが分かるので狙いません。


今はハイテクの盗難防止が付いていますが、

それを同じハイテクで解除して盗んでいきます。

私が思うに一番安全なのは、

こういったアナログ式ではないかと思います。


これを盗もうとしたら壊さなければいけません。

これらのものは結構頑丈に出来ているので、

壊すのに時間がかかってしまいます。


こう考えると盗難者も手を出さないのではないかと思います。

ハイテクな時代だからこそのアナログなのかもしれませんね。

スポンサードリンク





気になる86の維持費は下のリンクから読むことができます。

トヨタ86の維持費って月にどのくらい?車の維持費は?

ブログランキングに参加しています。

このブログの気になるランキングは、

下のバナーをクリックすると確認できますよ。

結構いいところにいます。

宜しければ応援お願いします。


にほんブログ村 車ブログ スポーツカーへ
にほんブログ村